娘の命を救うために妻を売りに出すーー若い中国人夫婦の決断

社会 comments(0) - toasokuho

JUGEMテーマ:中国ニュース

5月8日午前、中国安徽省合肥市某ショピングセンターの前に、「売妻救女(妻を売り、娘を救う)」という段ボールで作った看板を持っている男が立っていた。そのすぐ横に真っ白のウェイティングを着た若妻が並んで立っていた。

話によると、男の名前は張坤で,90年代生まれ、安徽省阜陽市頴上県出身、長年出稼ぎ労働により、一家を養っていた。娘(張夢)は4歳で、去年10月にPNET(膵神経内分泌腫瘍)という難病を患い、病院での治療のため若い夫婦の貯金および親戚・友人からの借金を合わせて20万元(330万円相当)ほどすべて使ってしまった。しかし、娘の病気はいまだに完治できず、これからも引き続き治療を受けなければならない。化学療法で一回ごとに何万元はかかる。その治療費は若い夫婦にはもうとても用意できない。途方に暮れて、娘の命を救うために二人は「妻を売って、娘を救う」と決断したそうだ。

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM