一匹6,000万円の幻の魚「Chinese bahaba」が中国福建省で捕獲される

生活 comments(0) - toasokuho

一匹6,000万円の幻の魚「Chinese bahaba」が中国福建省で捕獲。

5月4日、中国福建省の漁師が絶滅危惧種の「Chinese bahaba」を一匹捕獲した。市場では、激しい競り合いの結果、347万元(6,000万円近く)の高値で中国深圳在住の顧客により落札された。

 

この魚は世界でも中国沿岸にのみ生息する魚であり、個体数が非常に少ないことから幻の存在となっている生物。また、中国医学においてその肉が病気を治癒させる能力を有しているとされている。

この魚、中国では「金銭鰵、黄唇鱼、金銭鮸、黄甘等(英語名:Chinese bahaba 学名:Bahaba taipingensis )と呼ばれるニベ科の仲間。大きな魚で体長2メートルを超えるのもあるとされる。生息場所は長江河口や香港やマカオ近海の比較的浅い海。

Chinese bahaba

 

今回捕獲されたこの魚の重量は約61kg、全身鮮やかな黄金色。

 

 

中国医学において、この魚の肉がタンパク質と脂肪の偉大な供給源であり、心臓や肺などの臓器の病気を治すと信じられており、需要が高い。

JUGEMテーマ:中国ニュース

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM